第12回目となるmablコミュニティウェビナーを開催させていただきました。今回のテーマは「E2Eテスト自動化ベストプラクティス」です。

ウェビナーでも紹介させていただきましたが、今回は10のベストプラクティスを紹介させていただきました。

  1. 小さく。独立。観点はひとつ
  2. 必要なだけ待って、大切なものだけアサート
  3. 同じ操作を2回するなら部品化
  4. 誰が見てもわかるテストを作る
  5. テストデータを分離
  6. テストはシンプルに
  7. すべての環境でテストする
  8. テスタブルなシステムを目指そう
  9. E2Eを作りすぎない
  10. 品質活動を民主化しよう

時代の流れが速くなればなるほど、「ベスト」を見つけるのはとても難しいのかも知れません。しかし、現時点で「ベスト」だと感じる経験や知見をまとめておくことで、これから自動化をはじめる方々の指針になったり、今後の自動化の成功につながっていくのではないかと信じています。

ベストプラクティスの詳細を知りたい方は、動画も公開いたしましたので、ぜひご確認ください。

 

イベントの最新情報は、Connpassから発信させていただいております。 Connpassのmablグループにぜひご登録ください!

次回以降のイベントでも、さまざまなテーマを扱いながら、よりアジャイルな開発によって、すばらしいプロダクトが皆様の現場で生まれることを願っております。それでは、また次回のイベントでお会いできることを楽しみにしております!