0% Complete

概要

このレッスンを受講する前に

以下のレッスンを修了していると、ここでの学習効果が一層高まります。

  • mablワークスペースの操作方法
  • mablでプランとテストを作成する方法

学習目標 🧠

このレッスンを修了すると、以下の知識や技能が身につきます。

  • mablでテストをトリガーできる方法と場所
  • テストをスケジュールしたり、アドホックに実行したりできる
  • これらのさまざまなオプションが有効である理由

これが重要である理由

自動化、メンテナンス、パイプラインに不可欠

  • 自動実行により、手動介入なしでアプリケーションを常時モニタリングできます。
  • テストのメンテナンスでは、アドホックテストを実行することで、Trainerから切り替えることなく、新しいテストや編集内容を簡単に検証できます。 
  • さらに詳細なコースでは、mablをCI/CDパイプラインに統合するときに、API経由でテストをトリガーする方法について説明します。  

簡単な説明

テストの実行方法

  • トリガーにより、クラウドまたはローカルマシンでテストの実行が開始されます。
  • スケジュール/トリガーによるクラウド実行では、mablの実行エンジン (自動修復、スクリーンショット、インサイトなど) を利用します。
  • アドホックテストの実行は、全体的な統計、メトリック、インサイトに影響を与えることなく、テストの編集を検証できるようにすることを目的としています。これらのテストは、スケジュール/トリガーによるクラウド実行と同じ実行環境と戦略を使用して実行されますが、自動修復は保存されません。

使用方法

テストトリガーは、以下のような複数の場所にあります。

  • プラン詳細ページ
  • プランページ
  • テスト詳細ページ (アドホック実行)
  • Trainer
  • mabl CLI (詳細)
  • API (詳細)
  • CI/CDインテグレーション (詳細)

プラン

クラウドの実行は、プランページで、プランレベルでトリガーまたはスケジュールを設定できます。

プラン詳細ページ: 

または、プランの作成/編集時に設定できます。これにより、ユーザーは、デプロイメント (APIまたはCI/CD経由)、特定の曜日と時間にテストを実行するようにスケジュールすること (これらのオプションは、ビデオで示すように併用できるため、月曜日の午前4時と水曜日の午前1時を同時に選択)、またはタイマーのいずれかを選択できます。

特定の曜日にプランをスケジュールすることで、チームが環境を使用しないことがわかっているときにテストを実行できるため、リソースをより適切に管理できます。

  • 注: 選択する時間は、ユーザーの現地時間です。 
  • 注: ユーザーは、プランとプラン内のテストの両方が有効になっていることを確認する必要があります。有効になっていない場合は、どちらも実行されません。
    • [Timer] オプションの使用は、数時間ごとに実行する必要があるスモークテストを設定するのに最適な方法です。これは、常時稼働している必要がある重要な機能のためのものです。  mablのタイマーを使用すると、15分ごとにテストを実行することも可能です。

テスト

アドホック実行のトリガーは、テスト詳細ページまたはTrainerで行うことができます。  アドホックテストの実行は、全体的な統計、メトリック、インサイトに影響を与えることなく、テストの編集を検証できるようにすることを目的としていることに注意してください。つまり、自動修復は成功した実行に影響を与えません。

テストのページからアドホック実行をトリガーすると、実行方法に関するオプションがさらに提供されます。

  • [Local Run] オプション (スタンドアロンアプリケーションを使用して、ローカルマシン上でテストを実行します): 
    • [Run Headlessly] (ブラウザーのUIは表示されません)
    • [Keep browser open] (簡単に検査できるように、テストの完了後もブラウザーは開いたままになります)
    • 環境の選択
    • [URL override]
    • [Login credentials] や [HTTP basic auth credentials] を選択
  • [Cloud run] オプション (mablクラウド内でリモートで実行します): 
    • [Desktop] または [Mobile Web [beta]] 
    • ブラウザーの選択
    • 環境の選択
    • [URL override]
    • [Login credentials] や [HTTP basic auth credentials] を選択
    • [Run DataTable scenario(s)]
    • [Cloud run] (mablクラウド内でリモートで実行します)

Trainer

Trainerからテストを実行することで、新しいテストや変更されたテストに対する迅速なフィードバックを得ることができ、クラウド実行の割り当てを増やすことなく、テストが期待どおりに機能していることを確認できます。ローカル実行をワークフローに組み込む手順は、以下のとおりです。

  • 新しいテストを作成するか、既存のテストを編集します。
  • テストを保存します。
  • ローカルでテストを実行し (Trainerまたはテスト詳細ページから)、テストがローカルで成功していることを確認します。
  • クラウドでテストを実行し (1つ以上のデバイスとブラウザーで)、テストがクラウドで成功していることを確認します。

まとめ

復習

ここで学習した内容

  • テストのトリガーが重要である理由
  • mablでテストをトリガー/自動化する方法と場所
  • トリガーオプションの違い

フィードバック

フィードバック

この記事はお役に立ちましたか?

今後のmabl Universityのさらなる改善のために、このサーベイ (所要時間: 2分程度) へのご協力をお願いいたします。