0% Complete

概要

このレッスンには、テストのフローを理解して利用するのに役立つ内容が盛り込まれています。

このレッスンを受講する前に

以下のレッスンを修了していると、ここでの学習効果が一層高まります。

  • mablアプリケーションの概要
  • mabl Trainerの概要

こちらをクリックすると、利用可能なすべてのレッスンが表示されます。

学習目標 🧠

以下の項目について理解を深めます。

  • フローとは何か
  • 基本的な使用方法
  • テストにおいて価値がある理由

フローの主なメリット 💰

  • テストの管理と整理が簡単
  • テストのスケーラビリティの向上
  • 迅速なテスト作成

一般的なフローのユースケース 👍

  • アプリケーションへのログイン/ログアウト
  • フォームへの入力
  • Eコマースのチェックアウトプロセス 

これが重要である理由

すべてのテストには、繰り返しがあります。

 

効率的な方法がない場合は、以下のような手順になります。

  1. 繰り返されるアクションを再利用可能にします。
  2. アプリケーションの変更時に一括で編集します。

...さらに、こうしたアクションを最初から何度も繰り返して実行すると、テストにかかる時間、労力、メンテナンスの負荷が増えることになります。

DRY (Don't Repeat Yourself: 繰り返しを避けること) の原則に従い、同じことを繰り返さないようにします。

「...ソフトウェアパターンの繰り返しの削減、抽象化への置き換え、データの正規化の使用により、冗長性を回避することを目的としたソフトウェア開発の原則」

フローを使用して、同じことの繰り返しを避けてください。

引用元: Steven Foote (2014)、『Learning to Program』、Addison-Wesley Professional、336ページ

フローとは

フロー - 特定のアクションを実行するための再利用可能なステップのグループ。

フローで実行できること

- 同じアクションを実行する必要がある他のテストにインポート

- 同じテストに複数回インポート

- 1つのフローに変更を加えることで、フローのすべてのインスタンスを編集

- データ入力でのパラメーター化

- 指定した回数でループ

(このレッスンでは、ループについて詳しく説明します)

 

フローの使用方法

 

  • 基本フローの作成: 
  • 新しいステップの記録
  • 既存のステップの変換
  • フローのパラメーター化: 
  • パラメーターとは
  • 設定方法
  • フローの再利用: 
  • 基本フローのインポート
  • パラメーター化されたフローのインポート

ログインの例を使用し、それぞれについて説明します...

基本フローの作成

新しいステップの記録

  1. [More actions] に移動します。
  2. [Flows] ドロップダウンを選択します。
  3. [New Flow] を選択します。
  4. フローに名前を付けます (実行するアクションに合わせた明確な名前にします)。
  5. 記録がオンになった状態で、フローのステップの記録を開始します。
  • ✅ ベストプラクティス: 最後のステップとしてアサーションを追加
  1. 終了したら、紫色の「End Flow」ステップの後にカーソルを移動して、テストを続行します。

既存のステップの変換

  1. フロー内に作成する既存のステップグループを特定します。
  2. ステップの左側にあるチェックボックスを使用して、それぞれ選択します。
  3. [Create Flow] ボタン ([SAVE] ボタンの上の右端) をクリックします。
  4. フローに名前を付けます。
  5. これで完了です。🤘 

パラメーター化されたフロー: 

パラメーター化されたフローとは

パラメーターはフロー内にのみ存在する変数です。その特定のフロー内で使用されるデータを制御できます。

パラメーターの特徴を以下に示します。

  • すべてのパラメーターには名前とデフォルト値があり、フローと同期されます。
  • パラメーターの値をオーバーライドすることで、フローで使用するデータを変更できます。オーバーライドは一意であるため、同じフローの複数のインスタンスはすべて異なる値を使用できます。
  • パラメーターがなければ、フローは実行のたびに同じ操作を繰り返すことになります。
  • パラメーターを使用して、データテーブルを取り込むことができます (データテーブルのレッスンを参照)。

設定方法

  1. 前述の「基本フローの作成: 新しいステップの記録」と同じ手順を実行します。*ハイパーリンクを作成*
  • パラメーターを選択します。
  1. 変数名とデフォルト値を入力します。
  2. 必要に応じて、対応するパラメーターを変数として使用し、フローの記録を開始します。
  3. 鉛筆アイコンをクリックしてフローを編集すれば、いつでもパラメーターを設定できます。 

フローの再利用

基本フローのインポート

  1. 1. [More actions] に移動します。
  2. リストから [Flows] を選択します。
  3. [Import Flow] をクリックします。
  4. フローを名前で検索して選択し、[Import flow] をクリックします。
  5. 変更したい場合は、左矢印をクリックしてフローを展開します。変更がない場合は、フローのステップの後にカーソルを移動して、次に進みます。🛠 

パラメーター化されたフローのインポート

  1. 手順に従って、基本フローをインポートします
  2. デフォルト値をオーバーライドするには、フィールドに新しい値を入力します。
  3. デフォルト値を維持するには、何もせずに [Done] をクリックします。
  4. フローを再生して正しい値が使用されていることを確認し、準備が完了したら次に進みます。➡️

フローのベストプラクティス

一般的なヒント

  • 「Start flow」ステップの左側にある矢印をクリックすると、展開/折りたたみが可能です。
  • ごみ箱アイコンをクリックすると、ステップが通常に戻ります。これにより、記録されたステップは維持されますが、フローは削除されます。
  • 鉛筆アイコンをクリックすると、フローのプロパティ (名前、パラメーター設定、ループ設定) を編集できます。
  • [Start flow] ステップの右側にある [More actions] をクリックすると、より高速なナビゲーションオプションにアクセスできます。
  • [More actions] に移動し、[Remove flow] をクリックすると、フローとステップの両方が完全に削除されます。

mablアプリケーションからのフローの操作

  • フローへのアクセス
  • [Tests] タブに移動します。
  • [Flows] セクションをクリックします。
  • ここからリストを検索して、フローが使用されているテストを確認し、必要に応じてフローを削除できます。
  1. フローの管理Flows Training Lesson
    1. フロー名をクリックすると、詳細が表示されます。
    2. このフローを使用しているテストを確認します。
    3. バージョン履歴を確認し、必要に応じて以前のバージョンにロールバックします。

まとめ

フローは以下のような点で役立ちます。

  • 繰り返されるアクションを再利用可能にし、テスト作成の時間を節約
  • 複数のテストを同時に編集し、メンテナンスコストを削減
  • テストケースごとにデータの使用方法を制御し、少ないリソースでテストカバレッジを拡大