0% Complete

メールのテスト

対象

このレッスンの受講者は、以下のレッスンを受講している必要があります。

  • mabl Trainerの概要

レッスン内容

学習目標

このレッスンを修了すると、以下の知識や技能が身につきます。

  • mablでメールのテストと検証を実行する方法

注: この機能は、Enterpriseのお客様のみご利用いただけます。必要に応じてCSMにお問い合わせいただき、現在のプランについてご相談ください。

これが重要である理由

mablでは、mabl Mailboxを使用することで、アプリケーションからエンドユーザーに送信されるメールを簡単にテストできます。  一般的なユースケースとしては、アカウントの登録、フォームの送信、リマインダーと請求書の送信、添付ファイルの検証などがあります。

Mailboxには、以下の機能があります。

  • メールの検証を伴うエンドツーエンドテストを、スクリプトの作成や複雑な設定なしで誰でも簡単に作成
  • 同じエンドツーエンドテストでメールのリンクを追跡
  • メールメッセージのスクリーンショットを取得し、時間経過に伴う視覚的変化を検出
  • 添付ファイルとそのメタデータを検証
  • 安全性に優れた受信トレイでテストメールを保護
  • Webアプリケーションのメールプロバイダーに問題がないことを確認

方法

メールのテストは、mabl Mailboxを使用することで簡単に行えます。テストをトレーニングするときに、一意のメールアドレス変数を作成し、それを使用してメールを生成できます。その後、mabl Trainerを使用して、受信したすべてのメールを操作したり、アサートしたりすることができます。

要素の解説 (内容)

  1. [New test] をクリックして新しいテストを作成するか、テストを編集して、Trainerを開きます。
  2. [Variable] メニューで [Create a new variable] をクリックします。
  3. [Set variable from] ドロップダウンで [mabl mailbox address] を選択し、[Variable name] に入力します。[OK] をクリックします。
  4. メールの生成元となる、アプリケーションの適切なページに移動します。[Variable] メニューをクリックし、[Use an existing variable] を選択します。
  5. [Use variable as] で [Input value] をクリックし、ドロップダウンリストから変数名を選択します。[OK] をクリックします。
  6. メールを生成したら、[Add step] をクリックして [Mailbox] をクリックします。mablのメールアドレスに届いたメールがあれば、すべてここに表示されます。
  7. 差出人アドレスとメールの件名で [Assert] をクリックします。
  8. また、メールを開いて、レンダリングされたメールのコンテンツを操作することもできます。
  9. カスタムメールプレフィックスの設定: カスタムメールアドレスを完全に設定することはできませんが、メールの区別に役立つカスタムメールプレフィックスを作成することができます。前述の手順に従って、mabl Mailboxのメール変数を作成します。次に、[Create] をクリックして別の変数を作成します。変数を [String template] から設定し、パターン「prefix+」を使用します。好きなプレフィックスを入力します。プレフィックスの後には区切り文字として、- (ダッシュ)、_ (アンダースコア)、+ (プラス記号) を使用できます。

まとめ

まとめ

mabl Mailboxを使用すると、アプリケーションで生成されたメールコンテンツを簡単かつシンプルに検証できます。今すぐお試しください。

ヘルプドキュメント: メールのテスト