0% Complete

概要

このレッスンを受講する前に

以下のレッスンを修了していると、ここでの学習効果が一層高まります。

  • mablアプリケーションの概要
  • mabl Trainerの概要 

学習目標 🧠

このレッスンを修了すると、以下の知識や技能が身につきます。

  • mabl Trainerの3つの基本機能 (アサーション、変数、フロー) をテストケースに適用する方法

テストケース 

詳細

以下のテストケースを使用して、自分で練習したり、ビデオの手順に沿って実行してみましょう。

  1. 「Welcome to the mabl sandbox!」と表示されていることを確認します。
  2. アプリケーションにログイン
    1. [SIMULATED LOGIN] をクリックして、ログインページに移動します。
    2. 動的変数を使用して資格情報を作成します (メールの形式は「@gmail.com」、パスワードは8文字にします)。
    3. ログインステータスを検証します。
    4. ログインステップを再利用可能にします。
  3. トレーニング演習
    1. 左側のメニューで [Training] タブを選択して、正しいページを検証します。
    2. 3番目に到達するまで、それぞれの [NEXT] ボタンをクリックします。
    3. 「Assert Me!」と表示されていることを確認します。
    4. [NEXT]、[FINISH] の順にクリックします。
    5. 「Thanks for creating your first trained test!」と表示されていることを確認
  4. アプリケーションからログアウト
    1. 左のナビゲーションメニューから、[SIMULATED LOGIN] ページに戻ります。
    2. [LOG OUT] をクリックします。
    3. [LOG IN] と表示されていることを確認し、ログアウトされた状態であることを確認します。

ビデオ

基本的なテストケースの例: 

特長

3つの重要な特長: 

  1. アサーションを目的に合わせて使用して、重要なマイルストーンを通過した後や、アクションを実行した後に起こるはずの内容を検証します。
  2. 動的変数をアサートし、変化する値とアサーションが一致することを確認します。

  1. 開始フローまたは終了フローのステップをクリックしてドラッグし、他のステップをフローに変換します。これにより、フロー用に作成するものをより慎重に検討することができます。

まとめ

復習

ここで学習した内容

  • 3つの基本機能 (アサーション、変数、フロー) を使用して、Trainerでテストを作成する方法

フィードバック

フィードバック

この記事はお役に立ちましたか?

今後のmabl Universityのさらなる改善のために、このサーベイ (所要時間: 2分程度) へのご協力をお願いいたします。